ビールを片手に歴史探訪ドイツを知り尽くす旅

ロンドン・パリに負けない歴史あるドイツの都市を食と共に観光するためのガイドブック

日本と同等のドイツ物価から旅行の予算を探る

2016年09月28日 16時57分

ドイツの物価は、平均してほぼ日本と同じくらいと思って間違いないでしょう。
まずは宿泊に関してですが、これは日本と同じようなホテルのランクと予算で照らし合わせて考えて問題ありません。日本と違うのは、一泊一万円以上するようなホテルに宿泊する際には、荷物を運んでもらったり、ルームサービスに来てもらった時にチップが必要だということです。

これは1,2ユーロで問題ありません。清掃係にもチップが必要ですので、小銭を枕の下に挟んでおきましょう。どんな旅行をするかにもよりますが、ドイツにもユースホステルや、それに似た大部屋タイプのホテルはたくさんあります。このタイプなら一泊10ユーロから40ユーロくらいで宿泊することができ、旅の予算をかなり抑えることができます。ただ注意しなければならないのは、予約の時点で男性部屋、女性部屋と明記されていないホテルは男女混合の大部屋である可能性が高いです。男女一緒が嫌だという場合には予約時にしっかりチェックしましょう。

外食に関しては、日本よりやや高いところが多いです。昼食と夕食は、一食につき約30ユーロは食事の費用として用意しておいた方が良いでしょう。レストランで食事をする時は会計時にチップが必要となります。相場はだいたい合計額の一割が妥当ですが、例えば27ユーロなら30ユーロ払って「お釣りはいりません」と言うなど、きりの良い数字で払うことが一般的です。

お土産屋さんのようなお店で何かを買う時の物価は日本とほぼ同じくらいですが、スーパーなどで買い物をすれば、日本よりも少し安く購入することができます。特にビールに関しては日本よりかなり安いものがほとんどです。

ドイツ旅行の予算は、日本で旅行する場合と同じくらいの予算を旅の日程と掛け算して考えると良いでしょう。ただし外食やチップの分を考慮し、日本の旅行よりも少し多めに持って行かれることをおすすめします。