ビールを片手に歴史探訪ドイツを知り尽くす旅

ロンドン・パリに負けない歴史あるドイツの都市を食と共に観光するためのガイドブック

ドイツ在中のブロガーによる穴場スポットにせまる

2016年09月28日 16時58分

ドイツを旅行したいけれど、人気のある観光地ではなく、穴場の観光地を旅行したい場合は、ドイツ在住の人がブログで紹介している観光地を旅行してみるのも手です。

ドイツ在住の人がブログで紹介している観光地として、首都ベルリンがあり、中心部を流れているシュプレー川には、世界遺産に認定されている博物館島が浮かんでいたり、ベルリン大聖堂やペルガモン博物館、ベルリンの壁など見所が多く、1日だけでは観光しきれないので、何日か滞在してみるのもいいかもしれません。

ベルリンには、クラブハウスもいくつかあり、クラブ音楽を楽しめる都市でもあるので、クラブ音楽に興味がある人も観光地としてベルリンを選ぶ人も多いです。

ドイツにあるニュルンベルクもドイツ在住の人にブログで紹介されていますが、街を取り囲む城壁や城下に広がる中世の町並みが広がっていますが、駅から古城まで移動距離が長いですが、城下を散歩しながら楽しむことができます。

ただ、石畳で上り下りの坂もあるので、歩くので疲れますが、名物である炭火で焼いたニュルンベルガーソーセージを食べることができる楽しみもあります

ドイツならではのメルヘンな町並みを歩くことで、絵本の中の登場人物になったような気分を味わうことも可能です。

また、ドイツ在住の人のブログで紹介されている都市として、ネルトリンゲンがあり、ネルトリンゲンには市の名物職員が猫でいることで脚光を浴びているので、観光名所である聖ゲオルグ教会など見所がある観光名所を訪れた時に、運が良いと出会える可能性があります。

ネルトリンゲンはクレーターの上に街が築かれたことでも有名なので、街の中心部に向かって緩やかに曲線を描いている町並みからクレーターの存在を確認することもできます。