ビールを片手に歴史探訪ドイツを知り尽くす旅

ロンドン・パリに負けない歴史あるドイツの都市を食と共に観光するためのガイドブック

必読!ドイツ旅行で訪れるべきオススメ観光都市ガイド

map-of-germany.jpgドイツに旅行するなら大都市・フランクフルトをおススメです。フランクフルトにはドイツ最大規模の国際空港がありますので、日本から大変行きやすい都市です。

それに何といっても、日本人に合う美味しい食べ物が多く、教会や歴史的建築等見所もたくさんあるので、まさに見てよし食べてよしの都市なのです。

まずは、フランクフルト旧市庁舎です。ここは中世の雰囲気が感じられる木組みの家や切妻屋根の建物に囲まれたこの広場にくると、中世のヨーロッパにタイムスリップしたような、とても素敵なスポットです。フランクフルトで歴史的な建物を見たいという方にオススメなナンバーワンの観光地です。また冬場にはこちらの広場でクリスマスマーケットも開催されますのでその時期に訪れるのもオススメです。

そこから約5分程歩いた場所に、フランクフルト大聖堂があります。アルプスの少女ハイジを見たことがある方は「あっ!あそこだ!」と感動すること間違い無しです。そう、ハイジがクララの家から迷って行ってしまったその教会なのです。誰でも入れますので是非訪れてみてください。

そして、その名の通り何といってもフランクフルトがとても美味しいですソーセージバーという売店もありますので気軽にビールとフランクフルトを安価で楽しめます。ドイツ人は朝から平気でビールを飲んでいるので何だか楽しくなってしまいますよね。観光地ですのでドイツ語が分からなくても英語で大丈夫ですので気軽に楽しんで下さい。

 

ベストシーズンを狙い撃ち~鉄板ドイツ旅行のススメ

ドイツ旅行のベストシーズンはずばり12月です。この時期にはドイツ各都市でヴァイナハツマルクトと呼ばれるクリスマスのイベントが開催されます。それぞれの街ごとに広場や駅前で市場が開かれ、ソーセージをはじめドイツ名物の食べ物や、雑貨のお店が立ち並びます。

中には野外フェスのようにステージでライブが開かれているところもあります。大きな街ではこの市場がいくつもの箇所で開かれているので、ひとつだけではなくいろいろと散歩してみるのも良いですね。このヴァイナハツマルクトでも特に人気があるのはグリューワインと呼ばれる温かいワインです。

ドイツの冬は本当に寒いので、ドイツ人はみんな市場でこのグリューワインを飲んで温まります。グリューワインはマグカップに入ったものを買うのですが、このカップはお店によってデザインが異なります。それぞれのお店が毎年形やデザインにこだわり、外側には絵と一緒にその街の名前と年が入っています。このマグカップは飲んだ後返却すれば、最初にワイン代と一緒に払うカップ代を返してもらえるのですが、持ち帰ることもできます。コレクションしている人も多く、その年、その街限定のマグカップをお土産として持って帰るのも良いですね。

市場は11月末から12月末まで開かれていますが、12月24日から26日はドイツでは家族と家の中でのんびり過ごす日、という伝統があるので、全てのお店が閉店してしまいます。もちろん市場もお休みですのでお気を付けください。街によっては23日までで市場をたたんでしまうところもあります。それぞれのお店が電灯で彩られる美しいヴァイナハツマルクトを是非楽しんでください。

 

ドイツ旅行ビールとソーセージをトコトン飲み食べ尽くす

ドイツ旅行に行ったらまず味わうべきなのがビールとソーセージ。ドイツのものはどちらも本当に美味しいです。
まずビールで一番よく飲まれているのはベックスです。北ドイツのブレーメンの地ビールですが、今は世界中に輸出されており、出荷量はドイツビールの中でもナンバーワンの人気を誇っています。

切れ味のあるスッキリとした味わいで、とても飲みやすいビールです。もうひとつよく飲まれているのは、フランツィスカーナーの麦ビール。こちらは甘味があり、日本にはなかなかない個性的な味わいをもっています。これらの他にも多数の種類があり、日本よりもかなり安く手に入るので、是非いろいろな種類を試してみてはいかがでしょうか。

ソーセージは1500以上もの種類があると言われています。外がパリッと、中がジューシーなドイツの焼きソーセージは、一度食べたら忘れられない美味しさです。中でもテューリンガーは人気があり、中に練りこまれたハーブがふわっと香ります。

茹でて食べる白ソーセージは、焼いたものとは全く違ったやわらかな食感と味わいで、こちらも是非一度は試しておきたい一品です。南ドイツの名物ですが、レストランに行けば他の地域でも食べることができます。

レストランではソーセージの盛り合わせを注文することもできるので、様々な種類を一度に楽しむことができます。また、駅前の屋台にも必ず焼きソーセージが売っているので、こちらもオススメです。屋台のソーセージにはパンがついてくるのがドイツ流ですので、電車に乗る前に軽食として購入し、旅のお供に楽しんでみてはいかがでしょうか。